テーマ:アレクサンダー・テクニーク

必要な力を積極的に使うことで脱力する

「必要な力を積極的に使うことで脱力する」 などと一見矛盾している上に、大それたタイトルをつけてしまいましたが、最近「力が入ってしまって」「脱力できなくて」という相談を受けることが多いので、どのように考えたらいいのか、自分なりにまとめてみたいと思います。 極端な話になりますが、本当に脱力してしまったら楽器を吹くどころか、立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃費よく楽器を吹くために考えたいこと

以前、あるプロ奏者の方に「息は止めて吹く」という話を聞いたことがあります。 何となく言いたいニュアンスは分かったのですが、さすがに息を止めたら吹けないでしょと思うところもあって、どういうことかなとずっと考えていました。 これかもしれない! と思ったのは先日のこと。生徒に「これくらい鳴らしても大丈夫だから」と、ある交…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「成功体験」はプラスにもマイナスにもできるもの

先日、アレクサンダーテクニークの授業で「成功体験」について考える機会がありました。 成功体験は本来プラスにはたらいていくものだと思います。でも、その成功体験が自分の足かせになって息苦しくなってしまうことも確かにあるような気がします。 成功体験を積み重ねて上達していくというサイクルに持っていけるか、 過去の成功にしがみついて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹横筋を動かしてみよう!

先日、フルート奏者の腹横筋を触らせて頂く機会がありました。 すごい。 息を吐く度に横腹がビクッビクッって動く。 その後で、腹直筋にはちょっと休んでいてもらって、腹横筋を目覚めさせるというエクササイズをやってみたのですが、またこれが目からウロコ。まだまだ使える筋肉はたくさんいるなと思いました。 ※参考:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謙遜し過ぎず、自己肯定感を持つこと

褒められたり、持ち上げられたりすると、ついつい「いやいや…」と謙遜したくなるものですが、素直にその言葉を受けとることも大切だなと思います。 傲慢になって自分を過大評価し過ぎてしまうことは良くないと思いますが、自分が頑張ったこと、できたことは素直にお祝いしてあげることは自己肯定感を持っていくためにも必要なことです。その積み重ねが少しずつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「負けず嫌い」から抜け出して、相手とも自分とも良好な関係をつくること

私は根っからの「負けず嫌い」です。それでも、周りに到底追いつくことができないような仲間がたくさんいる環境で育ってきたので、知らず知らずのうちに「負けず嫌い」の感情を抑え込み、劣等感だけを強く持つようになっていたような気がします。冷静に考えてみると、それだけ良い刺激を受けながら成長できる環境にいたということで、ありがたいことなのですが。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「望み」を大切に、一歩を踏み出していくこと ~不安に押し潰されないために~

ちょうど今の時期、受験や就職など、新しい生活に向けて努力している方も多いことと思います。「新しい生活」と考えると夢や希望もたくさんあって、明るい未来を想像することもできる反面、どうなるか分からない未来に対して、大きな不安を抱えることもあるかと思います。 先が見えないと不安になるものです。 先が見えていても、方法が分からな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分のためにも、誰かのためにもプラスにはたらくことのできる自分になるためには?

誰かのために何かしたいと思う気持ちはとても尊い気持ちだと思います。その気持ちの連鎖は安心感を生み、信頼をつくり出すことができるからです。部活などにおいても、みんなのために自分は何ができるかを考えることで、自分の役割を明確化し、責任を持って役割にあたることができるようになると思います。 でも、実際に何かするだけが相手のためになるわけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しいアンブシュアや正しい姿勢よりも、出てくる音を大切に

先日、Twitterのフォロワーさんからアンブシュアと楽器の構え方について質問がありました。基本的にアンブシュアはよほどのことがない限り直さなくていいと思いますし、良い音を求めていく中で自然にその音を出すためのアンブシュアになってくるというのが今の私のスタンスではありますが、同じように悩んでいる人もいるかもしれないと思い、今日はそのやり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相手とつながって発信すること ~「お客さんはじゃがいも」じゃない~

先日、BodyChanceの特別ワークショップ「先生のためのアレクサンダーテクニーク」に参加してきました。そこでは、授業での話し方や生徒との接し方など、普段の仕事に直接役立つアクティビティをたくさん学ぶことができました。その中でも一番心に残ったのは、「伝えようとする相手の頭の中のことに集中する」ということです。 相手が考えているこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「いい加減」は「良い加減」

私は昔から「完璧主義なくせにいい加減なところあるよね」と人から言われることが多く、まともにコツコツ努力することが苦手でした。だから、地道に頑張れる人のことを羨ましく思ったり、自分はいい加減でダメだなと思うことがたくさんありました。 でも、この言葉に出会ってから少し気持ちが解放された気がします。 「いい加減」は「良い加減」 この言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顎はもっと動けるもの ~Tpレッスン記録~

先日、ラッパのレッスンに行った時の覚え書きです。 私はもともと上の歯が大きく、下の歯をほぼ完全に覆う歯並びをしているため、楽器を吹くときに下顎を前に出して、上下の歯をそろえて吹こうとする癖がありました。 しかし、それだとかなり顎関節に負担がかかり、しばらく吹いていると開閉の際にミシミシいうようになるくらいで、バテてくると下顎が揺れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「本番に潜む魔物」の正体とは何か?

先日母校のメサイア公演に合唱で参加してきました。初めての合唱で、譜面を追いかけるだけで精一杯でしたが、周りの方々に支えられながら、楽しく歌うことができました。 そんなこんなで、何だか無性にメサイアに燃えてた頃が懐かしくなって、久しぶりに学生時代のメサイア公演のビデオを見てみました。しかしやっぱり、自分のソロはヒヤヒヤもので、「来年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今、この空間にいる自分を見つめてみる ~本番でリラックスして奏でるために~

先日、古巣であるプロースト交響楽団の定演に賛助出演してきました。 曲は、マーラーの巨人。 自分にとっては大学オケデビュー曲でもあり、曲目解説を書くために結構勉強させていただいた曲でもあり、聴くだけで感極まる大好きな曲だったので、再び挑戦することができてとても幸せな気分でした。関係者の皆様、お声がけいただきありがとうございまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイトーンって、どの音から?

ラッパをやっていると、やっぱりハイトーンというものに憧れるものです。 でも、考えてみると「ハイトーン」ってどの音からなのかと言われると、人によって定義が分かれるような気がします。 自分も今ではいわゆる「ハイベー(High B♭)」を境に「高いな」と思いますが、小中学生の頃はGより上は高い音だと思っていましたし、楽器を始めたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階名唱と舌の高さの関係について

鼻歌を歌っていてとあることに気づきました。 頭の中であっても階名唱(ドレミ~と歌ってみる)をしていると、「ド」なら「オ」の発音、「シ」なら「イ」の発音というように、自然と母音の発音をしてしまっているなと。 口の中の状態、発音(シラブル)は、どの音域を吹くかによって変わってくるものです。 それが、たとえ高音であっても、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呼吸にやさしい姿勢のはなし

先日、中学1年生の個人レッスンをする機会がありました。まだ楽器を初めて間もなく、身体も成長段階であるというこの時期に、無理に力んで音を出す習慣を身につけさせたくないと思って、出てくる音と姿勢に注目をしながら進めていったのですが、傾向として、次の2つの傾向が多くみられるなと感じました。 (1)いわゆる「いい姿勢」を保つために、お腹を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダメな自分」を見つけた時に考えたいこと

楽器も勉強も仕事も、どんなに頑張っていても上手くいかないことはあります。 でも、その頑張りは無駄じゃなくて、必ずどこかで自分を助けてくれるものに繋がっていくと思います。 いつも完璧である必要も、全力で走り続ける義務もありません。 中途半端に感じたとしても、ありのままの自分を受け入れることが大切なような気がします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、今アレクサンダー・テクニークが求められるのか?

知人から電話があって何かと思ったら「今バジル先生と一緒にいて、今度合同講習会やるかもだから、アシスタントとして名前だしておいたからよろしく!」とのことでした。こうして声をかけていただけるのは嬉しいお話です。そして世界は狭いなと思うと同時に、バジル先生さすがだなと思いました。 思い返してみると、自分もバジル先生のブログを見てアレクサンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/11(月・祝)、吹奏楽お悩み相談室開催!

現在アレクサンダー・テクニーク教師取得に向けて勉強中の身ではありますが、学んだことを少しでも多くの方に還元し、楽しく音楽と関わっていけるサポートができたらと考えています。その一貫として、夏から少しずつアレクサンダーテクニークの考え方も取り入れたトランペットの吹き方相談、吹奏楽の指導・相談を少しずつ始めています。 そこで、夏に開催し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありのままの自分で本番を迎えること ~緊張を味方につけて音楽するために~

昨日は所属オケの本番でした。 ということで、朝はどうやら緊張(興奮?)しているらしく早く目覚めてしまいました。 しかし、緊張はエネルギーの源。 もともと動物は、目の前に迫る「危険」に対して体を緊張させ、「すぐに戦える」状況をつくり出す機能を身につけてきました。過度な緊張は体の硬直を生んだり、呼吸が浅くなったりと演奏に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なりたい自分になるために、今したいことをやってみる ~自己肯定感を養って楽しく生きる~

最近、自己肯定感と自分自身の成長について考えることがあったので、そのあたりをつぶやいていこうかと思います。 自分の主張を強く持っていたとしても、人を攻撃することで自分を守ろうとする人は、本当は自分に自信が持てていないのかもしれません。 本当に芯が強い人は、時にはじっと我慢もしながら、周りのいろいろな意見も取り入れて、自分自身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕と軸の関係を使って楽に構える ~ATレッスン記録~

先日のBody Thinkingの授業について、今日のブログはその覚え書きです。 【腕と軸】 ・腕の付け根は「胸鎖関節」である。 ・胸鎖関節から始まって、鎖骨、上腕骨、橈骨・尺骨、手首の細かい骨、指の骨というのが基本の骨格である。 ・鎖骨と上腕骨は肩甲骨を介してくっついている。 ・肘は尺骨が形成している。尺骨は腕の動きをメインに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使えるものは全部使って効率よくラッパを吹く ~ATレッスン記録~

今日はバジル先生のBody Thinkingの授業でした。 ちょうど今日バジル先生が「呼吸の誤解を大掃除」という記事をアップデートされたばかりだったので、主に呼吸に関しての質問が多かったように思います。 その中で、自分のアクティビティについて、記憶の新しいうちに少しまとめていこうと思います。 ①骨盤底筋をどのように使うか 骨盤底筋群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕を持ち上げるときには肩甲骨も鎖骨もついてゆく ~ATレッスン記録~

今日はBody ChanceのBody Thinkingの授業で主に「腕」について学習しました。 その中で私は「楽器の構え方」について質問をしたのですが、それについてまとめておきたいと思います。 【実験】 ① 鎖骨の付け根(胸鎖関節)を触りながら、腕を持ち上げてみる    →10度くらい上げたところから動き出す ② 肩甲骨全体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔からの習慣に感謝しながら上書きをしていく ~ATレッスン記録~

先日、Body Chance先輩トレーニーのトクヤさんのレッスンを受けてきました。今日のブログはその覚え書きです。 私は高音になると口を締めてしまう癖と、息を引いてしまう(裏声を出す感じ)癖があり、それが結果として高音域の音の太さが細くなってしまうことにつながってしまっているので、そのあたりを見ていただきました。 ①「口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基礎合奏でATをやってみた。~ある日の部活の一場面~

今日は久々に基礎合奏をやらせてもらう機会があったので、アレクサンダー・テクニークで学んだことを応用して、姿勢と呼吸について時間をとってやってみました。 【姿勢について】 「頭が動けて、体全体がついてきて」という感覚をつかむために、次のようなことをしてみました。 ①首をぐしゃっと固めてみる ②そのまま楽器を吹いてみる →思うように吹けず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いろんな角度を使っていい」 ~姿勢は固定されたものではない~

昨日は約1か月ぶりのBodyChanceでの授業でした! ここ1ヶ月レッスンを受けていなかっただけで、だいぶ昔のからだの習慣が戻ってきている実感があり、楽器を吹いていても上手にからだを使うことができているか不安になることも多々ありました。 でも、スタジオに入ってトレーニー仲間の顔をみると、自然と「頭が動けて、体全体がついてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹奏楽部員のためのお悩み相談室、開催しました!

吹奏楽部員のためのお悩み相談室、お陰さまで無事に開催することができました。 姿勢や呼吸の話から、個々の悩みについて参加者の方と一緒に探究することができ、私も大変勉強になりました。ありがとうございました。 とりあえず、当日配布したレジュメを転載しておきます。 詳細なレポートはまた改めて、、、 -------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向上心がある自分のことを素直に受け止めてあげること ~負の連鎖からの脱却~

自分もうっかり負の思考サイクルに陥り、やたらに凹むことが少なからずあります。 そういう時は、周りから「凹んでいても何もならない、自分らしくあればいいのでは?」と言われたりします。 でも、その時は素直にその言葉を受け止めることができずに、「分かってはいるんだってば!」と跳ね返してしまうこともあります。その度に、自分は人間できてない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more