テーマ:教育

「吹奏楽部」をやりたいのか、「吹奏楽」をやりたいのか??

ネット上の意見を見ていると、「吹奏楽部」の文化は特殊であり、「吹奏楽」とは別に扱って考えた方がよいのではないかという意見をしばしば目にします。確かに「部活動」としての吹奏楽と、「音楽の形態」としての吹奏楽は違いがあるかもしれません。しかし、多くの場合「吹奏楽部」を区別して論議する場合、そのやり方に否定的なことが多いような気がします。分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結果」にこだわることと、「過程」を大事にすることは共存できる

先日の『ブラック部活』報道に限らず、コンクールに関する様々な方のご意見や、オリンピックについての報道などを見ていて、改めて「結果を残すことの必要性」と「結果を残すためにどんな努力ができるか」ということについて考えさせられています。 一時期ほどではなくなったかとは思いますが、オリンピックとなるとその競技そのものではなく、どうしてもメダル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンサンブルでソルフェージュを学ぶ! ~ありよしなおこさんの講座に参加して~

少し時間が経ってしまいましたが、先日アレクサンダーテクニークを一緒に勉強させていただいている有吉尚子さんのソルフェージュ講座に参加してきました。 有吉尚子さんのFBページ: https://www.facebook.com/naoko.ariyoshi.cl/ お恥ずかしい話、今までまともにソルフェージュの勉強をしたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休むことも練習のうち! ~「クローズアップ現代」から考えたこと③~

全国の吹奏楽部はまだまだコンクールシーズン真っ只中のことと思います。毎年この時気になると、Twitterでフォローしてくれている中高生から「吹きすぎて音が出ないんですけど、どうすればいいですか?」という質問を結構受けることがあります。 私自身も高校生の時、コンクール直前に野球応援と合宿で無理に吹きすぎたせいか、音が全く出なくなったこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

練習は「時間」よりも「集中力」 ~「クローズアップ現代」から考えたこと②~

8/1にNHK「クローズアップ現代」で放送された『ブラック部活』の内容が以下にまとめられているので読んでみました、の続き記事です。 【自殺する生徒まで…“ブラック部活”の実態とは?】昨夜放送したクロ現+『“死ね!バカ!”これが指導?~広がる“ブラック部活”~』の【ダイジェスト】をUPしました!ブラック企業に通じるような部活の現状をすばや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴言に耐えられないのは、甘えでも弱さでもない! ~「クローズアップ現代」から考えたこと~

8/1にNHK「クローズアップ現代」で放送された『ブラック部活』の内容が以下にまとめられているので読んでみました。 【自殺する生徒まで…“ブラック部活”の実態とは?】昨夜放送したクロ現+『“死ね!バカ!”これが指導?~広がる“ブラック部活”~』の【ダイジェスト】をUPしました!ブラック企業に通じるような部活の現状をすばやく読むことができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「奏でたい音楽」に近づいていくことが、「上手くなる」ということ

よく生徒にもSNSでつながっている中高生にも、「上手くなりたいのですが、どうすればいいでしょうか?」という相談をされることがあります。「上手くなりたい」という気持ちは大事ですし、その気持ちがあってこそ、日々向上していけるようにも思います。でも、具体的に「上手くなる」というのはどんなことなのかを問いかけてみると、答えに困ってしまう人も少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人ひとりが、かけがえのない「仲間」になるために…

吹奏楽は集団でつくりあげていく音楽です。 決して一人だけで奏でることはできません。 それだけに、一緒にやっていこうとする仲間のことは気になるところだと思います。特に毎日顔を合わせるような中高の部活動などでは、仲間とどうやっていくかという関係づくりは、音楽づくりと同じくらいのウェイトを占めることもあるのではないでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「怖いから、やる」には限界がある!

いつも偉そうなことをつぶやいていはいますが、若い頃は私も生徒のことを追い込んでやらせたり、怒鳴りつけ、強制的に言うことを聞かせようとしたりすることも結構ありました。今はちょっとした一言が嫌味に聞こえることもあるようですが、声を荒げたり、理不尽に怒ることはほとんどないかと思います。今でもそういう場面が必要だと思うことが全くないわけではあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生徒の気づきを大切に合奏を進める!

全国の吹奏楽部はいよいよコンクールシーズンの到来です。 私が顧問をしている部活も例外ではなく、現在コンクールに向けて練習に励んでいるところです。 とは言っても、初めてコンクールに乗る下級生は右も左も分からない状態だったりもしますし、上級生も「頑張らなきゃ」という気持ちが空回ってしまい、なかなか本来の子どもたちのキャラクターを発揮できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹奏楽部は「宗教」なのか?

「吹奏楽部は宗教」という言葉をよく耳にします。 恐らく、一般的な吹奏楽部のイメージとして、次のようなところを客観的に見た結果、そのように言われるのだろうなと思います。 ・何でも大きな声で「はいっ!」とそろった返事 ・辛く厳しい練習でも、歯を食いしばって頑張り続ける ・指導者に罵声を浴びせられても、涙を流しながらついていく ・失敗は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「部活休養日」で、現場はどう変わるのか? (下) 

行き過ぎた部活動が教員の長時間労働につながっているなどとして、文部科学省が「部活動に週1日以上の休養日を求める」ということが話題になっています。 今回の記事は、このニュースの元となっている文科省の「学校現場における業務の適正化に向けて」という報告を読んで書いた(上)”http://rapparapa.at.webry.info/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「部活休養日」で、現場はどう変わるのか? (中) 

行き過ぎた部活動が教員の長時間労働につながっているなどとして、文部科学省が「部活動に週1日以上の休養日を求める」ということが話題になっています。 今回の記事は、このニュースの元となっている文科省の「学校現場における業務の適正化に向けて」という報告を読んで書いた“「部活休養日」で、現場はどう変わるのか?(上)”http://rappa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「部活休養日」で、現場はどう変わるのか? (上)

行き過ぎた部活動が教員の長時間労働につながっているなどとして、文部科学省が「部活動に週1日以上の休養日を求める」ということが話題になっています。 ・部活動教員に週1日以上の休養日導入へ 文科省    http://news.yahoo.co.jp/pickup/6204171 ・中学高校の部活動に休養日設定を 文科省が提案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自分の中の先生」を育てて、練習をより意味のあるものにする!

誰かに客観的に自分の演奏を聴いてもらうと、自分では見えてこなかった良さに気づくこともあるでしょうし、逆に改善点が明確に見えてくることもたくさんあります。 人に聞いてもらうのは緊張すると思いますが、誰かに聴いてもらって「どのように聴こえるか」アドバイスをもらうことは、上達のためにとても役立つことです。 しかし、アドバイスはもらったまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部活をサボりたいと思ったら…

「部活、サボりたいな…」 「部活、サボっちゃおうかな…」 という声を、現実でも耳にしますし、SNS上でも見かけることは多々あります。 中高生の頃の私はとにかく部活大好き人間だったので、「部活をサボりたい」と思う心境になることが信じられなかった部類でしたが、顧問になってからは、さすがに何ヶ月も連続勤務をしたときは体が持たなくて、今日だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

否定形で問い詰めるのではなく、肯定形で気持ちを引き出してみる

「何で分かんないの?」 「何でできないの?」 「何でやらないの?」 私自身、幼い頃に大人からこのように問い詰められた記憶がたくさんあります。その時、自分はどんな風に思っていたかと言えば、 「何で」って言われても・・・・。 分からないし、 できないし、 やる気にならないし。。。 今考えると、自分はかなりマイペースな性格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やる気を出すのは自分自身!

最近の子がやる気がないとは決して思わないのですが、何だか受け身だなと感じることが増えてきました。時代のせいなのかはよくわかりませんが、以前よりも無茶をしなくなったという話はいろんな先生方と話していても感じることがあります。 やる気を削ぐような指導はもちろんよくないですし、できればやる気になるような環境づくりをしようと努力することは大切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「指導」は「注意」「指摘」することではない ~力まずに後輩の指導にチャレンジしよう~

新入部員も入ってきて、この春から先輩になった人も多いかと思います。最高学年として部の中心に立って頑張っている人もたくさんいることでしょう。 その中で、 「先輩として自分はやっていけているのだろうか?」 「○○先輩のようにうまくできない」 と思っている先輩たちや、 「○○先輩怖すぎて嫌だ」 「今年の先輩は、卒業した先輩よりダメ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンクールメンバーをどう決めていくか? ~チームとして大切にしたいこと~

今年も夏の吹奏楽コンクールのシーズンが近づいてきました。 私が顧問をしている部活でも、先日メンバーと自由曲が決まり、これからいよいよ本腰を入れて取り組んでいこうとしているところです。 さて、みなさんの部活では、コンクールメンバーはどのように決めていますか? コンクールメンバーの決め方にも ・実力主義 ・年功…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

努力することは大切。でも、努力だけに頼ると危険。

先日、知人と話していて考えることがありました。 それは「努力すること」についてです。 努力すること、努力できることはとても大事なことだと思います。 中には何でも器用にパッとこなしてしまう人もいるかもしれませんが、普通は何か物事を成し遂げようと思ったときに、少なからず努力をすることは必要です。いくら才能があっても、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲間を大切にすること、自分を大切にすること

吹奏楽はチームでつくりあげていく音楽の形態です。一人ではできません。いろいろな楽器があって、いろいろな音色が混ざり合って、一つのハーモニーを作り出すところが面白さの一つであるような気もします。 そこで大切になってくるのは仲間の存在です。一人ひとり考えていることが異なる人間だからこそ、感じ方も人それぞれですし、それを互いに出し合って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「音楽離れ」は進んでいってしまっているのか?!

先日、Yahoo!ニュースに次のような記事が載っていました。 『音楽離れは「有料の音楽」離れに限らず「音楽そのものから距離を置く」と共に』 http://bylines.news.yahoo.co.jp/fuwaraizo/20160407-00056129/ この記事を読んでみると、ネット配信の増加などによるCDの売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほめると子どもはダメになる?!

「ほめると子どもはダメになる」という本が話題になっています。 この本も決して「褒めてはいけない」と言っているわけではなく、欧米における親や教師と、日本のそれとは立ち位置が異なるということを前提にしながら、欧米の考え方をそのまま鵜呑みにして日本に導入するのはいかがなものか、という提議をされている感じの内容でした。読んでみると、いろいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック部活」に陥らないで楽しく活動するために…

先日、Yahooニュースで “「部活顧問はブラック」署名運動までする教師たちの切実” http://news.yahoo.co.jp/feature/156 という記事が取り上げられていました。 確かに部活のせいで、生徒は学習、教員は教科指導やクラス運営などが疎かになっては本末転倒です。私自身、就職以来10年以上吹奏楽部の顧問を務…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「うまくいっている状態」をイメージして、ポジティブに向かっていくこと

私たちはつい、うまくいかないことがあると、その原因探しをしてしまうことが多いように思います。 例えば、テストでできなかった問題があった時、間違えた理由を探して、次は同じ間違いを繰り返さないように復習をする、といったことはよく行われることです。決してこれが悪いことだとは思いませんし、そうやって一つひとつできないことをできるようにしていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒鳴りつけない指導では、甘いのか?

最近、「教師が生徒を甘やかして、きちんと怒ることもできないから、打たれ弱い大人ができあがるのだ」という声を見かけました。確かに甘やかすだけで本質に迫れないのはマズいことです。 私自身、物事の本質に迫るような指導ができているかは疑問だらけです。周りの先生方と話をしていると、自分の考えは甘いなと思うこともありますし、生徒からナメられて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新入生が入ってきたときに考えたいこと

入学式シーズン。 新しい生活に不安と期待を抱きながら進学した人もたくさんいらっしゃることと思います。 一方、進級して上級生となった在校生や私たち教員にとっては、新しい仲間たちを受け入れるための心の準備をしつつ、勧誘活動に力を入れる時期でもあります。「今年は何人入ってくれるかな」「どんな子が入ってくるのかな」など新入生を受け入れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変化していくことを楽しむ!

この歳になって同年代で話していると、つい「最近の若者は…」という会話をすることがあります。若い頃は、そんな風にしゃべっている大人を見て反感を持っていたにも関わらず、いざ自分が歳をとってくると、同じように発言してしまうところが情けなくも感じたりします。 確かに自分たちが常識だと思ってやってきたことが、今の若者にとっては常識ではなかったり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

好きだから、がむしゃらに、やる。

先日、 大学オケの追い出しコンサートに行ってきました。卒団生をはじめとして、現役の学生たちが一生懸命取り組んできたことを、とにかく全力で楽しんでやる姿を見て、改めてみんなで音楽をやる楽しさを教えてもらったような気がします。 しかし一方で、今の自分はどうかと考えてみると、学生の頃のようながむしゃらさはないし、練習に向かう姿勢もどこか中途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more